天声人语20140306

u=2772902549,3211211549&fm=23&gp=0

被形容为“日不落”的大英帝国是如何建成的?听说过一个奇谈。据说,英吉利斯这个国家的女性缺乏些魅力而且厨艺糟糕,所以男性都走出国门向外发展。因此才有了大英帝国。

这么说有些过分,但是欧洲各国都喜欢互相挖苦讽刺。也算是自嘲式的幽默吧。不管怎样,在那个帝国的鼎盛时期,19世纪中期,色彩丰富的绘画流传到了日本。

在东京的六本木新城参观了“拉斐尔前派展”(4月6日截止)。虽是严肃的名字,但都是在物质文明开花的维多利亚女王时期,举旗反对保守传统绘画的作品。具有个性的《美女们的竞演》推翻了开篇提到的奇谈之说。

著名画家米莱的《奥菲利亚》描绘了莎士比亚剧中哈姆雷特那命运悲惨的恋人在河中溺死的场景。据说是米莱以横卧浴缸中的模特为原型所创作的,这优美的绘画让观者驻足不前。

(拉斐尔前派的)中心人物罗塞蒂为缅怀早逝的妻子所创作的画作《贝娅塔·贝娅特丽丝》前也聚集了很多人。通过解说而得知,陶醉在阴阳色彩中的美人背后隐藏着鸦片时代的阴暗。

维多利亚女王时期也是呼吁提倡道德与伦理的时代。据说看绘画是否合适挂在客厅,也成为当时的评价尺度之一。这个流派让可以称作英国式的价值观动摇了。“新的事物往往是一种谋反。”仿佛从画布上可以听到这样的言语,可谓前卫之精华。

(醉琉璃译 QQ598745215)「日の沈まぬ」と形容された大英帝国はなぜできたか。珍説を聞いたことがある。イギリスという国は女性が何とも魅力に乏しいし、料理はまずい。だから男はみんな国の外へ出ていってしまう。それで大英帝国はできたのだと

▼ずいぶんな言いようだが、ヨーロッパの国々はお互いに皮肉を投げ合うのが好きだ。それとも自虐のユーモアだろうか。ともあれその帝国の絶頂期、19世紀半ばの色彩豊かな絵画が日本にやってきた

▼東京の六本木ヒルズで「ラファエル前派(ぜんぱ)展」を見た(4月6日まで)。いかめしい名称だが、物質文明が花開いたビクトリア朝の時代に、保守的な伝統絵画に反旗をたてた作品群だ。個性的な「美女たちの競演」が冒頭の珍説を吹き飛ばす

▼名高いミレイの「オフィーリア」はシェークスピア劇ハムレットの悲運な恋人が川で溺死(できし)した場面を描く。モデルを浴槽に寝かせて筆を執ったという美しい絵の前から、人はなかなか動こうとしない

▼中心的人物だったロセッティが、早世の妻をしのんだ「ベアタ・ベアトリクス」にも人が集まる。幽明のはざまに陶酔するような美形の背後に、アヘンという時代の暗部がひそむのを、解説で知った

▼ビクトリア朝は道徳や倫理が叫ばれた時代でもあった。絵画も、家庭に飾るにふさわしいかが評価尺度の一つだったという。英国風ともいうべき価値観を一派は揺さぶった。「新しいものは常に謀叛(むほん)である」。画布からそんな言葉を聞くような、前衛の精華たちである。

醉琉璃

用最琉璃般的单纯清澈带出原著的心意,给读者带来微醺醉意和丝丝回味。

You may also like...

发表评论