天声人语20140313

u=2154545734,2633896729&fm=23&gp=0

“一点点”就可以。东京都品川区启动了“懂一点英语的商店街”的项目。2020年奥林匹克在该区内也设有赛场。这是为了迎接大量的选手和观光客所企划的项目。

为何是一点呢?拍着胸脯说我会英语的日本人不多。但是,觉得“一点点的话还行”的人也不少。该项目的负责人寺嶋清科长提到,(通过这个项目)希望能创造让那些人积极开口说英语的机会。请外国人来店里,借此学习点餐和结账的交流用语。

半世纪以前的世态被作家丸谷才一先生描述得活灵活现。即便是奥林匹克,“也没必要营造一亿国民当全民翻译的气氛吧。”(出自石井正己编著的《1964年的东京奥林匹克》)第二次的举办应该能从容面对了吧。

如果上面说的是柔和笑脸迎客的作法,那下面说的就是让人露出诧异的作法了。前几天在琦玉的足球竞技场的观众席入口处高挂起“JAPANESE ONLY(仅限日本人)”的横幕。只准日本人进,也就是说“外国人禁止入内”。

只能说这是种无心的行为。以前也曾有过。北海道内的温泉设施贴出了拒绝外国人入内的告示,美国出身但已取得日本国籍的男性们被拒绝入浴。法院判其构成“种族歧视”,命令其支付抚恤金。

仇恨言论,恐怖嘴脸横行泛滥,破坏了平静。拒绝他人,排外。迎接他人,接纳。哪种社会更容易居住呢?希望我们能互相学习宽容这种做法。一开始,一点点就够了。

(醉琉璃译 QQ598745215)

 「少し」というところが、いい。東京都品川区が「英語少し通じます商店街」というプロジェクトを始める。2020年の五輪では区内でも競技がある。大勢の選手や観客を迎えたいと考え、企画した

▼なぜ少しか。英語を話せますと胸を張る日本人は限られる。でも「少しなら」と思っている人は結構いる。そんな人が積極的に話すきっかけになれば、と担当の寺嶋清(てらしまきよし)課長。外国人にお店に出向いてもらい、注文や支払いなどのやりとりを学ぶ

▼半世紀前の世相を作家の丸谷才一さんが活写していた。五輪だからといって〈何も一億総通訳みたいな雰囲気をあおりたてる必要はなかろう〉(石井正己〈まさみ〉編『1964年の東京オリンピック』)。2回目は少し肩の力を抜いて臨めるだろうか

▼柔らかな笑みが人を迎える作法とすれば、こちらはあまりに剣呑(けんのん)な表情だ。「JAPANESE(ジャパニーズ) ONLY(オンリー)」という横断幕が先日、埼玉のサッカー競技場の観客席入り口に掲げられた。日本人だけ、つまり「外国人お断り」である

▼心ない行為というほかない。以前にもあった。北海道内の温泉施設が外国人お断りの張り紙を出し、米国出身で日本国籍をとった男性らの入浴を拒んだ。裁判所は「人種差別」だとして慰謝料を支払えと命じた

▼ヘイトスピーチといい、強面(こわもて)がはびこって穏やかさが失われている。人を拒み、締め出す。人を迎え、受け入れる。どちらの社会が住みやすいか。寛容という作法を学びあいたい。まずは少し、でいいから。

醉琉璃

用最琉璃般的单纯清澈带出原著的心意,给读者带来微醺醉意和丝丝回味。

You may also like...

发表评论