天声人语20140316

u=1899535629,1729326640&fm=90&gp=0

附近车站的和式点心店的萩饼(春分供品)旗帜飘飘,春分逼近。正冈子规把现在的这个气候用母亲的话原封不动作成诗句“(每年的春分都很寒冷)”。子规如此描述自己的坟墓。死后希望人们在道旁或原野上给自己做个坟堆种上野荆棘。还有“不用立石碑,就堆上三四个像腌咸菜用的白色石块就行了”。但实际上他在东京都内有个很气派的墓地。

近几日各大报纸上的墓地广告琳琅满目。首都圈内,价格高昂又合适的都立灵园的“树林坟墓”的人气也让人可以理解。以树木作墓碑,埋下共同的遗骨的坟墓约为去年公墓倍率的10倍。

比起传统的“**家之墓”,其简洁度很显著。可在现如今少子化的时代,既有无人守护的坟墓,也有不愿去给先祖上坟的人。包括不建坟墓的选择在内,多样化是自然趋势。

另一方面,经调查,主妇表示希望传给下一代的每年定例仪式,继新年参拜和女儿节之后,扫墓排到了第五位。以双肩书包素材知名的KURARAY的6年前的调查,众多仪式突出了先祖们无可厚非的存在感。

近来,自我本色、个人本色等成了祭奠的关键词。前天忌日的俳句诗人铃木真砂女留下一句“戒名は真砂女でよろし紫木蓮”。比起缅怀的装置和形式,缅怀之心更重要。

(醉琉璃译 QQ598745215)最寄りの駅の和菓子屋に「おはぎ」の幟(のぼり)がはためいて、もう春のお彼岸が近い。今ごろの気候を〈毎年よ彼岸の入に寒いのは〉と、母親の言葉をそのまま句に仕立てたのは正岡子規だった。その子規が自分の墓について書いている

▼死んだら道端か野原に土饅頭(どまんじゅう)を築いて野茨(のいばら)を植えてもらいたい、と。続けて「石を建てるのはいやだが已(や)む無くば沢庵石(たくあんいし)のようなごろごろした白い石を三つか四つかころがして置くばかりにしてもらおう」。もっとも実際は、都内に立派な墓が立っている

▼ここ何日か、新聞各紙でお墓の広告が目にとまる。首都圏だと結構な値段で、手ごろな都立霊園の「樹林墓地」の人気もうなずける。樹木を墓標に、遺骨を共同で埋める墓は、去年の公募倍率が約10倍という狭き門だった

▼伝統的な「○○家之墓」にくらべれば簡素さはきわだつ。しかし少子化の時代、守り手のない墓もあれば、代々の墓に入りたくない人もいる。墓を持たぬ選択も含め、多様化は自然な流れなのだろう

▼一方で、次世代に残したい年中行事を主婦に聞いたら、初詣や雛(ひな)祭りなどに続いて墓参りが5位に入った。ランドセル素材で知られるクラレの6年前の調査だが、多くの行事をしのいで、ご先祖の存在感はなかなかだ

▼昨今は、自分らしく、あの人らしく、が弔いのキーワードという。おとといが命日だった俳人の鈴木真砂女(まさじょ)さんが残している。〈戒名は真砂女でよろし紫木蓮(しもくれん)〉。しのぶ装置や形式より、しのぶ心が大切である。

醉琉璃

用最琉璃般的单纯清澈带出原著的心意,给读者带来微醺醉意和丝丝回味。

You may also like...

发表评论